ノストラダムスをぶっ飛ばせ

未来は変える為にある

お金くれるおじさん

 フリーターは、モロに新型コロナの煽りを受けました。
仕事が極端に減ってしまったのです。
そのため、いくつかのお仕事を掛け持ちすることになりました。
しかし新型コロナの影響が強く、掛け持ちをしたところでも以前よりも収入が少ないのです。
さすがに危機感を感じてしまいました。
親に甘えることも出来ない状態…。
どうすればよいものか?
頭を悩ませていたときのことです。
高校時代の友人にい言われたのです。
「それなら、お金くれるおじさんに頼ると言いよ」
「お金くれるおじさん?それは何?」
「エッチしないパパだよ」
「パパ活か、考えもしなかった。実際見つかるのかな?」
「出会い系アプリを使うことで、出会えるチャンスが生まれる。チャレンジしてみたらどうかな?」
友人の言葉に勇気づけられました。

 お金くれるおじさん探しは、すぐに始めてしまいました。
出会い系アプリは、男性は有料になります。
女の子は無料なため、資金に困っている私にも利用が出来ました。
登録を済ませ、掲示板に投稿していきました。
ある程度のやり方は友人から教えられていましたから、迷うことはありませんでした。
お金くれるおじさんと女子大生の私を繋げたパパ活という関係とは?

 頻繁に更新をしていくことで、男性からのメールがちょっとずつ届くようになりました。
やりとりの中で、高額提示をしてくれた男性まで登場したのです。

 会社経営者の男性が、1回の食事で3万円出せると言ってくれました。
無料通話アプリでの交流にもなります。
体の関係を作る気持ちがない事も明確にしてくれました。
面接を経てからの食事デートだと言われ、会うことになりました。

 面接から、食事デートまでの時間が短かったのです。
面接だけでも1万5000円の支払いがありました。
期待する気持ちが強いものでした。
展望フロアの高級レストランでの食事に、喜びを感じながらも男性との交流を心がける。
そして、3万円の支払いを受け取れました。

 お金くれるおじさんと、定期の会いを続けられるようになりました。
毎週会ってくれるため、アルバイト代が減った私は本当に救われています。
援助交際デリバリー
援デリ業者

error: Content is protected !!